SSMS のクエリウィンドウで赤い波線を消す方法(オブジェクト名 ○○○ が無効です)

  • マウスコンピューター/G-Tune
  • ちょっと、意外にはまったので備忘。

    SQL Server Management Studio(SSMS)で、テーブルの追加や、
    カラムを追加(修正)しながら、作業を行っていくと、
    クエリウィンドウで、SQL書こうとすると、テーブル名やカラム名を使用した時に、
    赤い波線が表示されることがある。

    ※特にLocalDB の時は、必ず起きるような気がする。。。

    こんなん。

    オブジェクト名 ○○○ が無効です。

    これでると、他のテーブルと結合する時に、エラーになる。
    インテリセンスも当然使えない。
    これ、SSMSのキャッシュが原因で、SSMSの再起動で治ったりする。
    がっ、再起動とか面倒。

    【再起動以外の解決方法】
    1.クエリウィンドウを表示する。
    2.[編集]-[IntelliSense]-[ローカルキャッシュの更新]の順に選択。

    [編集]-[IntelliSense]-[ローカルキャッシュの更新]の順に選択。

    【結果】

  • 楽天トラベル
  • 関連記事

    ページ上部へ戻る