Office2016 VBA プロジェクトのデジタル証明書の作成方法

  • 2018-8-24
  • マウスコンピューター/G-Tune
  • VBAのデジタル証明書の話。(備忘)

    VBA実行する場合に、Officeセキュリティ設定によっては、
    証明書が必要な場合がある。
    自分だけが使用するマクロの場合、下記の方法でローカル証明書を作成し、
    VBAに証明書をアタッチ。

    デジタル証明書の作成

    Officeには、デジタル証明書作成ツールが付属しているので、
    エクスプローラで、

    SELFCERT.EXE

    で検索する。
    Officeを標準でインストールしている場合、下記のパスにあるかも。

    「C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\root\Office16\SELFCERT.EXE」

    実行すると、デジタル証明書の画面が表示されるので、
    分かりやすい証明書の名前を入力して[OK]ボタンを押下する。
    これで完了。



    デジタル証明書の確認

    作成した証明書を確認してみる。

    「ファイル名を指定して実行」から、「certmgr.msc」を実行

    起動したら、左側のペインから、[個人]-[証明書]を選択。

    作成した「デジタル証明書」があった。

    関連記事

    ページ上部へ戻る